DEAPプログラム

社員の能力を高めグローバル人材へと育成する新たなプログラム

「英語×業務遂行能力」を取り入れたワンランク上のプログラム

「業務上の必要性は高いが、英語の力が不十分。英語で業務を遂行する力をつけさせて、将来の幹部候補生や海外赴任候補者にしたい」という人材層向けに開発したのが「DEAPプログラム」です。

DEAPプログラム
(Development of English Ability Performance)

日本で普段行っている仕事を、
最短で、英語でも同水準でできる
ようにするためのプログラム

このプログラムでは、クライアント企業独自のCAN-DOリストをAtoZがご用意。そのCAN-DOリストを用いて、カリキュラムを展開し、評価につなげます。
将来的にはその人材が英語で、日本語と同水準の仕事ができるようになることを目指します。


社員
仕事で使える=成果が出る=モチベーションが上がる

英語を使って世界で戦える人材になる



会社
英語を使って活躍できる人材の層が厚くなる

企業の発展につながる

専任コンサルタントがグランドデザインを作成

AtoZの専任コンサルタントが、御社の現状と理想とする人材層をお伺いし、グローバル人材育成に向けたグランドデザインをご担当者様と共にプランニングしていきます。

全体の底上げを図ることで、海外業務に支障がないレベルのCEFR A2から、マネジメントレベルに求められるCEFR B1までの人材を増やし、将来の幹部候補生や海外赴任候補者の層を厚くします。

絶対に挫折させずに結果を出す仕組み

カスタマイズしたカリキュラム、優秀な講師陣、一人ひとりへのカウンセリングとコーチングで、必ず結果へと結びつけます。

ご相談、お問い合わせはこちらまで